(よみ) こしじ 登録番号 T3-014
橋梁名 越路橋
鉄道名/線名 新潟県県道 駅間
河川名 信濃川
所在地 新潟県越路町
開通年月日 1959.11.20 材料
鋼重
橋長x幅員 669m*車道幅員5.5m 線数
形式 (T2-5)下路プラットトラス,(T1,6)下路ワーレントラス 形式番号 (T2-5)原桁R-1
橋床形式(形式名称) 鉄筋コンクリート
径間数x支間 (T2-5) 4×62.738m(205'-10") 設計活荷重
設計者/設計年 (T2-5)A.Handyside 製作者/製作年 (T2-5)A.Handyside/1897
架設者/架設年
下部工/橋台 鉄筋コンクリート 下部工/橋脚 鉄筋コンクリート
基礎工/橋台 基礎工/橋脚
起業者/管理者 日本道路公団/新潟県
下部工事
典拠文献 1)高橋敏朗:越路橋(旧鉄道橋)拡幅工事,土木学会誌,44-2,1959.2,p.33-34 2)越路橋竣工,土木技術,15-1.1960.1,p.48-49.
写真 1274  1275  1276  1277  1278  1279  地図 590  一般図 455  456  457 
地図 長岡/長岡/片貝 東経 138/49/00.7
北緯 37/23/24.4
記事 北越鉄道が1896年に建設した。信越本線信濃川橋梁を廃止後譲り受けて道路橋に改造した。旧橋脚間に新橋脚を築造し、トラス桁を新橋脚上に縦移動する。横桁を中央で切断して、2.53m拡幅し、主構中心間距離を7.000mにした。トラス第1連目と第6連目はスパンが変るので新桁を製作した。不用になった2連は同じ町内の岩田橋と不動沢橋に架設された。日本鉄道が建設した常磐線阿武隈川橋梁と同設計である。別ルートで新橋が完成し撤去。1連を短縮改造の上保存。
備考 作成 1995.10.25/小西純一